医療脱毛をゼロから学ぶTOP>医療脱毛の基礎知識>肌トラブルの可能性は?

医療レーザー脱毛の肌トラブルの可能性は?

脱毛に関する肌トラブルといえば、
火傷や色素沈着、しみなど上げられますが、
今の医療レーザー脱毛ではそうした事はほぼありません。
医療レーザー脱毛はあくまでも皮膚の専門であるクリニックで行いますので、
万が一あったとしても、その場で医療処置を施せます。

肌トラブルに気をつけなければいけないのは、
医療レーザー脱毛ではなく、脱毛エステや家庭用脱毛器の場合です。
特に家庭用脱毛器は、脱毛の知識をほとんど持たず施術する方が多いので、
極まれに肌トラブルを起こす事もあります。

しかし、家庭用脱毛器や脱毛エステは、
大きなトラブルを起こすほどの出力の高い脱毛器は使えませんし、
シミやほくろなど色素が黒い部分に照射しないと理解すれば、
特に問題ないでしょう。

それよりも問題なのは、脱毛後です。
脱毛後はお肌が敏感になっており、しっかりとアフターケアしないと
肌トラブルになる可能性があります。

具体的には、当日入浴はさけてシャワーだけにするとか、
脱毛後の1週間は、日焼けしないようにUVクリームを塗り、
お肌の露出も極力さける事が必要です。
脱毛後は、紫外線からお肌を守るメラニンを破壊しておりますので、
紫外線を当てれば、シミや色素沈着しやすい状態になっています。

ただ、そうした事は脱毛クリニックで教えてくれますので、
今から心配することではないでしょう。

アトピーがひどくなったり、皮膚がんになったりしないの?

医療レーザー脱毛をしてアトピーが
ひどくなるという報告は今のところありません。
炎症がひどい場合は、脱毛自体できませんが、
アレルギー肌のアトピー体質の方でも普通に脱毛をしております。

また、皮膚がんに関しても、
医療レーザー脱毛は、紫外線の光ではありませんので、
そうした心配をすることはありません。
もし、医療レーザーで皮膚がんになるなら、一年中紫外線を浴びている我々は、
全員皮膚がんになっております。

次のページ医療脱毛と脱毛エステの違い

アリシアクリニック
おすすめの脱毛クリニック
第2位 渋谷美容外科クリニック
低価格で永久脱毛が可能

第3位 リゼクリニック
脱毛初心者におすすめ