医療脱毛をゼロから学ぶTOP>医療脱毛の基礎知識>>脱毛できない肌質・毛質はあるの?

肌質・毛質によって脱毛できなケースがあるの?

肌質によっては脱毛できないということを聞いた事があるでしょうか。
例えば、レーザー脱毛は黒い色素に反応するので、肌が黒ければ肌の表面を照射してしまい、
火傷すると言われる事があります。。

まず、申し上げたいのはどんな肌質でも、
大抵のお肌は脱毛出来ます。
肌質によって脱毛できないと言っているのは、
エステのような性能の低い脱毛器を基準にいっているからであって、
今の医療レーザー脱毛器では特に脱毛できないケースはありません。

それでは一般的にどのような肌質の脱毛が考えるのか紹介していきましょう。

アトピー・敏感肌

医療レーザー脱毛は、一見肌の表面を照射しているように感じますが、
実際は肌の毛根に熱を加え破壊します。
ですから、アトピーでも敏感肌の方でも問題なく脱毛出来ます。
ただ、あまりにもアトピーがひどく、強いレベルで照射した場合、
炎症を起こすケースもまれにあります。
それでも、医師がしっかりとしたケアをしてくれるので、特に心配する必要もありません。

肌が黒い方

確かに一昔前までは、地黒の方や肌が黒い方は、脱毛しても効果が薄く、
最悪は火傷してしまう方もいました。
しかし、医療脱毛器は進歩していますので、肌が黒い方でも問題なく、
脱毛出来ます。
ただ、日焼け直後はお肌が火傷してしまう場合もあるので、
脱毛できないと思いますが、それに関しても今の最新機器は日焼けしても
普通に脱毛できる脱毛器が出てきました。

ダイオードレーザーのソプラノという脱毛器ですが、
この脱毛器は、日焼けはもちろん、今までの脱毛器では難しかった
白髪や産毛も問題なく脱毛出来ます。

しかし、最新機器なので完備していないクリニックも多いですから、
興味がある方は予めクリニックのホームページでご確認下さい。
ソプラノの詳しい詳細は、レーザー脱毛の種類
ご確認下さい。

ホクロやタトゥー

さすがにホクロやタトゥーの脱毛はできません。
これらは、脱毛の観点から見ると、日焼けしたお肌と同じ状態です。
ホクロやタトゥーを脱毛する場合は、バンドエイトなどを張って
照射します。

しかし、今は医療機器が進歩したことで、
先ほどお話したソプラノという医療レーザー脱毛器なら
脱毛することは出来ます。

生理中

整理中でも基本は脱毛することが出来ます。
しかし、衛生的なことが気になり、本人が嫌がるケースもあります。

例えば、万が一血流がシーツに付く可能性を気にしたり、
施術するスタッフが不快な思いをするのではないかと気にしたり、
脱毛の問題というよりも、本人の問題があります。

また、整理中は抵抗力が落ちお肌が敏感になっていて、
毛嚢炎や炎症などの肌トラブルが起きやすくなる可能性もあります。
(可能性は少ないですが)

整理中の時に絶対に脱毛しなくてはいけない理由がない限り、
無理に脱毛する必要はないと思います。

尚、全てのクリニックがそうだとは言いませんが、整理中でも大抵は脱毛してくれます。

白髪

通常の医療レーザー脱毛機では白髪は脱毛出来ません。
もちろん、脱毛サロンのフラッシュ脱毛も同様です。

レーザー脱毛は黒い色素に反応して照射するので、
白髪だとレーザーが反応しなく、毛細細胞を破壊できないのです。

しかし、前述したソプラノのような直接毛細細胞(毛乳頭)を破格するものではなく、
毛包にレーザーをあてるレーザー脱毛機なら白髪でも脱毛することが出来ます。

産毛

今の医療レーザー脱毛機なら大抵の産毛は綺麗に脱毛出来ますが、
旧式のレーザー脱毛機なら脱毛できないケースもあります。

それはどんなに腕が良いクリニックでも変わりません。

ですから、クリニックは最新のレーザー脱毛機を導入できるくらい
実績があるところを選ぶのが基本です。

関連ページ

アリシアクリニック
おすすめの脱毛クリニック
第2位 渋谷美容外科クリニック
低価格で永久脱毛が可能

第3位 リゼクリニック
脱毛初心者におすすめ